• factoria

シンプルでわかりやすい事業計画書のつくり方・ルール❷ひねりを加えた3C分析を行う


ルール❷ ひねりを加えた3C分析を行う

前置きなしで「シンプルでわかりやすい事業計画書のつくり方・ルール❷ ひねりを加えた3C分析を行う」を共有したいと思います。

3C分析とは、ビジネス上で関わりのある顧客(市場)と競合について把握し、自社が勝つための戦略を立てることです。要は、自社を取巻く内外の環境分析と市場機会の発見です。

3C分析を行う目的は、市場機会を掴むための自社のKSF(Key Success Factor:成功の鍵)を見つけることです。


3C分析,サンシー,顧客,市場,競合,自社,分析,フレームワーク,事業計画書

3Cとは、下記の3つの頭文字を合わせたものです。

Customer:顧客・市場 Competitor:競合 Company:自社

■ それぞれの分析ポイント

Customer・顧客(市場)の分析ポイント:

・政治    法律や条例の改正・緩和、税制変化、政治動向、公的支援制度、国際政治動向など

・経済    景気・消費動向、経済成長、雇用情勢、為替・株価など

・社会    人口動態、社会問題、ライフスタイルの変化、流行、世論、宗教など

・技術    技術開発・導入、技術革新、代替技術、ITインフラ整備など

・業界    業界の規模、成長性、課題など

・顧客    購買までのプロセス、タッチポイント、課題、感情など

Competitor・競合の分析ポイント:

・直接的な競合先

・間接的な競合先  顧客が何を解決したいのか?面倒、遅い、嫌だと思っていることは何か?を考えると見えてきます(著書「ジョブ理論」がお勧め)

・競合の寡占度

・市場シェア

・売上規模

・利益