• factoria

【メンバーインタビュー/コラボ編】海外進出支援コンサルティング・INASIA 金さん×ビジネスコーチング・アンコモンポイント 高木さん


起業や独立開業し、自分らしいライフスタイルや働き方にチャレンジしているメンバーが集うfactoriaでは、メンバー同士でのビジネスコラボの話題を頻繁に耳にします。 今回は(私、佐藤が他メンバーさんから)現在進行中とのコラボの話を聞きつけて、ビジネスコラボ中のお二人にインタービューさせて頂きました。

偶然か必然か、バックグラウンドが似ているお二人。 欧州でMBA留学と取得されていたり、海外で起業や働いていたり、大企業やグローバル企業にてITや経営コンサルタントとして従事していたり、子育て中のパパママでもある起業家なお二人に今回のビジネスコラボに至った背景やこれからの夢について伺っています。 それでは、お楽しみください!

まずは、お二人の自己紹介をお願いできますか?

金賢敏さん(以下、金さん) 海外進出等のクライアントのグローバルな課題を解決し、世界で活躍する企業や人材を一社でも多く作り出していくことをミッションに掲げ、3年前にINASIA合同会社を設立しました。 起業当初は、それまでやっていた個人事業の延長から、ITや業務系、戦略系コンサルタントとして、国内外のコンサルティングファームの案件に携わっていました。 今回、恵子さんにサポート頂いている事業「グローバルコンサルタントネットワーク」のきっかけとなったのは、当時大手コンサルティングファームの案件にいくつか続けて入っていたのですが、必然的に大手企業がエンド顧客となり、案件の中で、海外支社や海外ベンダー等、海外と関わる場面が多かったのですね。その時に、海外要員(?)という感じで、海外関連の業務を中心に行った経験がきっかけになっています。 その時、私が感じた課題感としては、大手コンサルティングファームでも、海外経験があるコンサルタントがいなかったり、そもそも英語を始めとした外国語でビジネスができるコンサルタントが非常に少ないことでした。そのため、英語案件や外国人のカウンターが出てくるとどこも大慌ての状態でした (笑)

一方で、(私のように?)海外案件をやりたい人は多いと感じていて。そこのギャップを繋げていければ面白いなと。 また、私自身が海外(中国)で非日系向けビジネス立上げや、現地で中国人の仲間と起業した際に大変苦労した経験から、海外進出や現地でビジネスを進める際に様々な問題にぶつかり、うまく進めずにいる企業や起業家がたくさんいるのではないかと考え、この事業を立ち上げました。


高木恵子さん(以下、恵子さん) ​​誰もがチャレンジする勇気を持てる社会、挑戦する人を応援する社会を目指すをビジョンに2020年1月株式会社アンコモンポイントを設立しました。 事業の本格的な始動は、ここ数ヶ月です。事業内容は、ビジネスコーチングで、具体的にはパーソナルやチームコーチング、レゴ®︎シリアスプレイ®︎を用いたワークショップ型の研修をしています。 新しいことにチャレンジしたい、変化したいという、働き手としての個人と組織の後押しをして実現のサポートをしています。


今、コラボし取り組んでいる内容とコラボのキッカケ、背景について聞かせて頂けますか?

金さん 弊社の事業の一つである「グローバルコンサルタントネットワーク」で、コラボさせて頂いています。 具体的には、海外ビジネスの深い経験や知見をもつ海外ビジネスのプロフェッショナル(弊社ではコンサルタントと言います)と海外進出に課題を感じている企業をマッチングし、企業の海外進出、海外ビジネス拡大を支援するサービスです。 弊社では、コンサルタントとしてご登録頂いたら、必ず面談をする流れとなっていて、具体的な経歴、強みや希望などをヒアリングさせて頂きます。手間にはなりますが、コンサルタンティング、アドバイスの質を保つためにもとても大事なプロセスと考えています。 おかげさまで登録してくださるコンサルタントさんが増えて